すーさんが東京に行ったときだけアップする「すーさんの東京物語」。

7日にコスメティック甲子園の全国大会に行ってきました。全国各地での出場者は512名・・そして今回の出場者は30名・・いずれも地区予選を勝ち抜いてきた強者たち。プロ同士の闘いですから、数ミリ単位の勝負。まさに熱き闘い・・。 ↓↓くじ引きで厳正に選ばれたモデルとの相性も勝負のカギになります。最初に与えられる15分のカウンセリングタイムでモデルの特徴をつかみ、「かわいい系」とか「クール系」とかイメージしながら・・眉の形や口紅の色などを決めていきます。 ↓↓こちらは30分間のメイクタイムが終わり、モデルが一列に並んで審査に入った風景です。手に持っているのはメイクプランを書いたシート・・技術の正確さに加え、モデルの魅力を最大限に引き出しているかもポイントになります。このレベルになると素人目には甲乙がどのようについているのかもわかりません(笑)。 この甲子園にだって勝者と敗者のドラマがあります。6回目の挑戦で初めて全国大会の切符を手にした人・・去年、全国大会を逃して一年間メイクに人生をかけて腕を磨いてきた人・・いろんな思いが交差しているからこそ、会場に熱気がみなぎるんです。高校野球の甲子園も熱いけど・・こちらの甲子園も熱かった(`。´;ゝ)。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.