すーさんが東京に来たときだけアップする「すーさんの東京物語」。

 こういうの見るとひとりで「ブラタモリ」をしてしまう(笑)。これ人形町駅の入口にあった表示なんですけど・・ここって「海抜3.5m」なんですね。  江戸時代初期まで日比谷入江っていうのがあって・・このあたりまでがたしか海だったはずです。そして、その入江を埋め立てて出来たのが東京駅や有楽町・・。そう考えればちょうど海岸線付近だった思われる人形町が「海抜3.5m」なのもうなずけるわけです。
 使いにくい地形だった江戸を「使える」ように大改造したところから「大都市・東京」が始まったんですね・・看板見ながら歴史に思いを馳せたりしてみました。さぁ、次の仕事に向かいます!  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.